腰痛、五十肩、膝痛などは根治治療ぎっくり腰は、重い物を持ち上げるなどして腰に急に負荷がかかったた拍子に、腰や背中やおしりにグキっと急激な痛みが走る症状です。くしゃみによる衝撃、顔を洗うために前かがみになった時など、ふとした動作がきっかけで発症することもあります。強い痛みによって、日常の動作が大きく制限されることがあります。

ぎっくり腰とは?どんな時に起こるの?

(1)日常生活のさまざまな動作や姿勢が、ぎっくり腰の原因になります
洗顔などで前傾姿勢をとった拍子にぎっくり腰になることもあります。

  • 急に重い物を持ち上げたとき、
  • 顔を洗おうと前に屈んだときや、洗い終わって体を起こしたとき、
  • くしゃみをした反動によって、
  • 靴下を履こうと屈んだとき、
  • 悪い姿勢が長時間続き、動き出そうとした拍子に、、、
(2)強い痛みが発生

ギックリ腰による腰、背中、おしりの痛み

上の(1)のような原因で、背中、腰、殿部(おしり)の筋肉や筋膜(筋肉を包んでいる膜)が急激に収縮し、強い痛みが発生した状態がギックリ腰です。

重度の場合は筋肉や筋膜が部分的に切れてしまう“断裂”をともなうこともあります。

  • 日ごろから、腰に過度な負荷や緊張、疲れによる筋疲労・血行不良・運動不足・水分不足

ぎっくり腰になった場合の過ごし方や、注意点

ギクッと痛めてしまったら

まずは、痛めてしまったところを冷やしてください。お風呂で湯船につかるなど、患部をあたためることは避けてください。急激にいためた部分には炎症が起きていますので、初期段階では熱を取ってあげることが大切です。

早期のご来院が早期回復につながります

そのうち治るかな…と痛みをがまんしているよりも、なるべく早くにご予約の上ご来院いただき、処置をさせていただいた方が早く回復します。ただし、動けないくらいの痛みがあるときは、無理をせずご自宅で安静にして患部を冷やしてください。動けるようになりましたら処置を受けにご来院ください。お電話をいただければ、直近の空き状況をお調べしてご予約を承ります。

ギックリ腰になると、イスから立ち上がるときに腰やおしりに痛みが走り、立ったり座ったりが困難になります。そこで、次の立ち上がり方がおすすめです。
  1. 立つ前に、座面のなるべく前方に移動し、浅く腰かけた状態になります。足のうらは床につけておきます。
  2. 手を、手のひらを下にして、太ももの上に置きます。右手は右脚の、左手は左脚の、なるべく太ももの付け根に近いところに置くのがポイントです。
  3. 体重を少しずつ前に移して、手で太ももを強めに押しながら、ゆっくりと立ち上がります。このとき、顔は下を向けずに、できるだけ斜め上の天井の方を向けておくこともポイントです。腕の支えを使うことで、腰やおしりにかかる負担を減らし、痛み少なく立ち上がることができます。
  4. 座るときは、逆の手順で、やはり太ももに手を置いて押し下げながら、ゆっくりと座ります。

年齢と男女差

男女差:特になし
好発年代~60代

4.良症状と合併症

ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、骨折