日本人の4人に1人が頭痛に悩んでいる

日本では約3,900万人もの人が慢性頭痛を抱えているといわれています。

つまり『日本人のだいたい4人に1人が頭痛もち』とも言え、多くの方が悩んでいる症状のひとつです。

あなたはどのタイプ?~頭痛の種類~

頭痛には様々なタイプがあります。よく見られるのは、次の3つです。当院で頭痛治療を受けている方も、ほとんどがこの3つのどれかに当てはまります。

・緊張型頭痛

デスクワークなどで緊張型頭痛頭痛が起こりやすくなります最も多くみられる頭痛です。頭全体をギューッと強くしめつけられるような痛み(きついヘルメットをかぶっているような感じ、と訴える方もいらっしゃいます)や、頭が圧迫されて重苦しい感覚が生じます。

痛みは30分ほどで消える場合もあれば、一週間ほど続くケースもあります。

原因はおもに、姿勢の悪さ、長時間のデスクワーク、その他筋肉の使いすぎや運動不足によって、頭、首、肩などの筋肉がこり固まってしまうことです。

・片頭痛

2番目に多い頭痛です。発作時には、ズキンズキンと脈打つような痛みがあります。頭の片側だけに出ることもあれば、両側に出ることもあります。片頭痛の発作中は、からだを動かすと痛みが強くなることがあります。吐き気を感じたり、実際に吐いてしまうこともあります。

また、発作中は感覚がふだんより敏感になり、いつもは気にならない光がまぶしく感じたり、音や匂いを不快に感じる方もいらっしゃいます。

中には片頭痛の発作が始まる前兆として、次のような現象を経験する方もいらっしゃいます。キラキラした光が見えたり、ギザギザの光りが視界に現れたりする(閃輝暗点・せんきあんてん)、体の片側の感覚がおかしくなる(しびれ感、脱力感)、などです。

通常、そのような前兆は1時間以内に終わり、その後に片頭痛の発作がやってきます。一方では、全く前兆なしに片頭痛が始まることもあり、片頭痛とひとくちにいっても多種多様な症状があります。

 

・群発頭痛

3番目に多い頭痛です。非常に激しい痛みの発作が、数週間~数か月の期間に集中してほぼ毎日起こることが特徴です。発作は夜寝ているときに始まることが多く、のたうち回るほどの強い痛みにともなって、鼻づまりや鼻水が出る、涙が流れる、まぶたが下がって来る、といった症状が出ることもあります。毎日発作が起こる時期のことを群発期といいます。

年一回決まった時期に群発期があるという方や、季節の変わり目ごとに起こるが春先が一番症状が強い方など、その患者様によって症状の出方が異なります。

症状がとても強いことから、多くの方が脳などの異常を心配して病院でCTなどの精密検査を受けられるようです。脳などに異常がなく、群発頭痛と診断されると、通常の痛み止めでは効かないので、予防薬での治療が重視され、また点鼻薬などの頓服薬が処方されます。しかし、薬による治療に限界を感じて当院にお問合せをいただく方が少なくありません。

 

その他にも、特に頭痛のタイプは分からないけれど、次のような症状がある、という方も多いのではないでしょうか。

・眼精疲労など、目から来る頭痛

・肩こりから来る頭痛

・吐き気を伴う頭痛

・めまいを伴う頭痛

・朝起きると頭が痛い

・夕方になると頭が痛くなる

・生理前、生理中に頭が痛くなる

・緊張や怒りによって頭痛が出る

・週末になると頭が痛くなる

・定期的に出る頭痛

・歯ぎしりから来る頭痛

・子供の頭痛

いずれの場合も、当院の頭痛治療(『頭痛ゾーン療法』という当院オリジナルの手法で行います)によって改善が期待できますので、お電話やお問合せフォームでご相談ください。