頭痛でお悩みの方の中には、頭痛薬を手放せなくなっている方が少なくありません。
この記事をお読みの方の中にも、ポーチやカバンの中にいつも痛み止めを入れている、という方がいらっしゃるのではないでしょうか?

また、頭痛は大人だけの症状ではありません。びっくりされるかも知れませんが、最近では小学校低学年など子供の頭痛も増えています。

でも、考えてみてください。「生まれたときから頭痛もち」という方はいないはずです。つまり、頭痛は後天的なものなのです。生活習慣や食べ方飲み方の積み重ねで発生している場合が非常に多いのです。

頭痛は、「このまま行くと、キケンだよ!」という体からのサインです。
習慣を正すように、私たちにメッセージを送ってくれているのです。

ですから、生活習慣を変えずに、頭痛薬で痛みだけを抑えても根本的な解決にはなりません。

どうしてもつらい時は薬を活用するのも良いでしょう。
ただ、つらい頭痛を根本から治して行くためには平行して日々の生活習慣を見直すことが必要です。正しい姿勢を知る、水分不足にならないよう気を付ける、などです。

「頭痛は体質だから仕方がない。薬でコントロールしながら付き合って行こう」とあきらめている方にも、『頭痛は実は治すことができる』という事をぜひ知っていただきたいと思います。