東京都文京区のはり灸や整体なら、本郷三丁目駅1分の鍼灸整骨院ホスピスト

鍼灸(はりきゅう)

ホスピストの『はり灸』の特徴

鍼灸(はりきゅう)東洋医学と西洋医学、未病を防ぐ予防医学の視点から、つらい症状を起こしている原因を見つけてアプローチをします。

今ある痛みを直接治療することに加えて、お身体の自然治癒力を上げることでつらい症状をやわらげ、また、症状が出にくくなるように根治治療を目指します。

痛い、つらいというような刺激はできる限りさけて、ここち良いはり灸治療を提供させていただきます。刺さない鍼(接触鍼)も行っております。ご希望の方はご予約時にお申し付けください。

『はり・お灸』は、こんな方のための治療です

鍼灸適応疾患

NIH(米国 国立衛生研究所 発表より)

【神経系疾患】
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・ぎっくり腰・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

腰痛 ・膝関節症 ・ギックリ腰 ・足のむくみ ・膝の痛み ・足のしびれ ・足の疲れ・・首のこり ・五十肩 ・関節痛 ・寝違え ・肩こり ・背中の張り

【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪とその予防

【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】
バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんのむし、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

*その他の症状もご相談ください。
*上のような症状の緩和の他に、健康維持のために鍼灸を選択される方も増えています。

『はり灸』のコースと料金

≪初診時≫
問診、原因精査、生活指導、施術を行います。
【施術時間】 【初診時のご料金】
60分 10,260円(=8,640円+初診料1,620円)
45分 8,100円(=6,480円+初診料1,620円)
30分 5,940円(=4,320円+初診料1,620円)

*はり灸は、鍼灸師(鈴木)が担当いたします。

≪2回目以降≫
経過の確認と施術を行います
【施術時間】 【再診時のご料金】
60分 8,640円
45分 6,480円
30分 4,320円

*はり灸の施術は鍼灸師(鈴木)が担当いたします。

お灸とは…

お灸は2000年以上前に中国で発明され、その後、遣隋使や遣唐使によって日本に伝わったとされる非常に歴史も深い民間療法です。戦前は、日本の多くの家庭にモグザが常備され、足腰などの痛みや、おなかが痛いときなどに、お灸をすえていたようです。お灸の原料となっているのは「もぐさ」と言われ、ヨモギの葉の裏にある白い綿毛を精製加工したものです。ヨモギはヨーロッパでは”ハーブの女王”と呼ばれ、薬効も多彩で、食物繊維、クロロフィル(葉緑素)、ミネラルが豊富で、浄血、増血、止血作用もある万能薬です。またヨモギには、胃腸を整える効果や、利尿、解熱作用があるとされています。この「もぐさ」に火をつけて、内臓・筋肉・筋膜・皮膚・ツボ等を温熱刺激するのがお灸治療です。現在では大学病院などでも、鍼灸治療として積極的に取りいれられおり、西洋と東洋の新たなる道として今後に期待されています。

お灸の効果

1)血行改善で、免疫力UP!

体に温熱刺激を与えることで、皮膚の下にある筋肉や血管、リンパ節が刺激されます。すると、細胞が活性化され、免疫作用がアップするほか、リンパの流れが改善されますから、むくみの解消にもつながります。さらに温熱効果によって血管が収縮・拡張し、局所の充血や貧血を調整し、炎症をやわらげる効果もあります。皮膚に対して温熱刺激を与えることで、皮膚の下にある血管やリンパ節が刺激を受けます。そうすることにより、細胞が活性化され免疫力がアップします。また、血液やリンパの流れが改善され、むくみの解消にもつながります。

2)身体のさまざま症状改善

人間の体には「経絡(けいらく)」というエネルギーの通路が、全身をくまなくめぐっているとされています。東洋医学でいうエネルギーとは、人間の生命活動に必要な「気・血・水」のことで、「気・血・水」が不足したり、その流れが滞ると体が不調をきたすと考えられています。この経絡の上にあって、「気・血・水」が弱ったときに反応がでる箇所が「経穴(けいけつ)」、いわゆる「ツボ」です。ツボにはそれぞれに作用がありますから、それを刺激することによって、冷え症や肩こり、腰痛、目の疲れ、むくみ、ストレス、不眠などといった体のさまざまな症状の改善が期待できます。

灸の治療では、経穴(つぼ)に対してお灸をすえ温熱刺激を与えるため、経穴(つぼ)それぞれの作用が期待できます。例えば、目の疲れや肩こり、腰痛、むくみ、ストレス、不眠など様々な症状の改善が期待できます。

3)鎮痛・リラックス効果

もぐさの有効成分として注目したいのがシネオールという精油成分。ヨモギのほかユーカリにも含まれるもので、強力な消毒・殺菌・鎮静・鎮痛作用などがあります。お灸をすることによって、この成分が皮膚の表面から内部に浸透していきますから、痛みを和らげるなどの効果が期待できるのです。ちなみにこの成分は、もぐさを燃やした際にでる煙にも含まれており、またもぐさの匂いにはリラックス効果もあります。お灸の効果を高めるためには煙も大切な要素だといえるでしょう。

もぐさを燃やしたときに出る独特な香りは、原料のヨモギに含まれるシネオールという成分が燃焼したときの香りで、さわやかですっきりとした芳香をもつため、リラックス効果が期待できます。また、このシネオールには消毒や殺菌、鎮痛作用が含まれているため、お灸をすえることによって、皮膚から体の内部に浸透していき、痛みを和らげる効果も期待できます。

当院でのお灸治療の方法

直接灸と関節灸について

直接灸→直接皮膚にもぐさを乗せて火をつけて行う方法です。
解説:直接灸では、もぐさの大きさは糸状や米粒ほどの小さいものから小指大の大きさのものがあります。熱の刺激が強く水泡ができることがあり灸痕が残ります。稀に用途により行う時もありますが水泡が出来るような熱いお灸は当院では行っておりません。
間接灸→もぐさと皮膚の間に何かを挟んで行う方法です。
解説:当院では主にもぐさと皮膚の間に薄く切った生姜を挟む隔物灸と呼ばなります。更に生姜の有効成分による効果も期待できます。

お灸の副作用について

代表的な副作用は2つあります。
  • 「やけど」や灸痕(きゅうこん:やけど後の皮膚の変性)

⇒やけど・灸痕は、大きなお灸を皮膚に直接乗せる(直接灸)治療法の時に多く発生します。当院では、やけどを起こすような、直接灸は行っておりませんのでご安心ください。

  • お灸あたり

⇒灸あたりとは、一度に多くのお灸をすえた後に起こる、まるで長湯したような感じで、倦怠感や火照り感です。安静にしていると一日~数日でなくなりますので、ご安心ください。

そのほか、重症の糖尿病、多量のステロイド剤を服用中、免疫抑制剤を服用中の方は免疫力が低下している可能性がありますので、やけどや灸痕に注意が必要です。事前に必ずお知らせください。

体質不良による副作用は、熟練施術者であれば、避けられますが、薬を服用している場合は、回避が難しく初診時に必ず申告してください。

鍼灸で副作用が起こることはまれですので、あまり過敏にならなくとも大丈夫ですが、少しでも不安がある場合は、遠慮なく事前にご相談ください。

「はり」は、なぜ効くのか?

  • 自律神経系、免疫系に作用し、血液やリンパ液の代謝を促進し自然治癒力を向上させる
  • 脊椎で痛みを抑制するゲートコントロール作用が起こる
  • ツボ刺激にて痛覚閾値が上がり痛みを感じにくくなる
  • 鍼刺激によって脳内に痛みを抑制するエンドルフィンが分泌される
  • 鍼の刺激が末梢神経の痛みの信号を遮断する
  • 筋肉が弛緩し血行改善される

などなど、様々な研究により上記の現象が報告されております。

当院で使用する鍼は…

当院で使用する鍼は、長さは1.5~6cm、太さは0.12~0.25mm。髪の毛よりも細く、弾力性があり、しなやかです。「はり」=注射針や縫い針をイメージされる方も多いと思いますが、当院の鍼治療で使用している鍼は、先端が入りやすく、痛みを感じにくい構造になっています。材質は、ステンレスと銀の鍼を用途に応じて使い分け、数あるメーカーの中でも最上級の鍼を使用しております。そして全て使い捨ての鍼とそれを置くシャーレも使い捨てを使用しております。一回の治療ごとに医療廃棄物として廃棄し、使い回しは一切ありませんので感染の心配がありません。

瞑眩(めんげん)反応とは…(積極的治癒反応)

瞑眩反応とは、東洋医学的の考えで、施術後一時的に起こる症状の悪化や倦怠感などをさします。東洋医学ではこの反応を、副作用とは違う好転反応としています。鍼灸は身体機能を正常化による自然治癒力を向上させます。身体は良くなろうとするときに副交感神経が優位になり、心地良いだるさを感じます。また体から排泄による浄化作用(鼻血・発汗・発熱・排泄・排痰・吹き出物)がおこる時もありますが、一過性の反応で数時間もしくは数日で反応は終了しますのでご安心下さい。

鍼の副作用

必ず起こるものではありませんが、鍼後の副作用には、下記のようなことがありますが、いずれも数分から、長くとも数日で消失します。また過度の睡眠不足や極度の疲労、空腹時、飲酒後、飲酒中、水分不足時などに気分が悪くなることがありますので、その際は事前に鍼灸師にお伝えください。初めて治療を受ける方は、過度の緊張状態になり、同様な症状が起こることがありますので、治療中に気分が悪くなった時は、遠慮なくお話しください。

  • はりを抜いた後の痛みが残ったり、かゆみがある
  • 微量の出血
  • 皮下出血(うっすらと青あざのような感じ)
  • めまい、ふらつき
  • 疲労感、倦怠感、眠気
  • 吐き気

「鍼」と「灸」の治療効果の違い

はり治療ときゅう治療の効果のちがいは、鍼治療は即効性があり、灸治療は慢性的な症状に対して比較的ゆっくりと継続的に改善させる傾向があるとよく言われますが、鍼治療と灸治療は、治療を受ける人の疾患や症状、体質、恐怖感、好き嫌いなどを考慮して、有効な手段、ツボを選び、その人に合った治療法を行なうことが重要となります。

『はり灸』について、よくあるご質問

衛生面・安全性は大丈夫ですか?
当院で使用する鍼は、全てディスポーザブル(使い捨て)の滅菌された鍼を使用しておりますのでご安心ください。
着替えは必要ですか?
治療する箇所よっては、お着替えが必要になる場合もございます。当院ではお着替えを用意しておりますので、手ぶらでご来院いただけます。

もし 着慣れたマイお着替えをお持ちになる場合は、Tシャツ、タンクトップ、キャミソール、ハーフパンツなど、治療部位が出しやすく、柔らかい生地のものが最適です。

どれくらい肌の露出がありますか?
治療内容によりますが、下はハーフパンツ、上は男性の方は裸に、女性の方はブラの上からチューブトップを着て肩や背中が出るようにして頂く場合が多いです(ユニクロのブラトップなどの、カップ付きキャミソールをお召しの場合はそのまま治療できます)。

治療ポイントとなるツボや筋肉は全身にありますので、お洋服をずらして、治療ポイントのお肌を出しながら治療を行いますが、必要以上の露出がないよう配慮しながら治療させていただきますのでご安心ください。

髪の毛より細い鍼。刺さない鍼もあります

はりの刺激で自己治癒力が活性化します。

東京都文京区本郷・湯島・小石川・春日・後楽園・御茶ノ水付近で、鍼灸(はりきゅう)治療をお捜しの方は、比較的ご通院しやすいエリアです。

経験豊富な当院まで、お気軽にお電話でもご相談ください。

 

電話番号03-5802-5515予約電話受付

受付時間とアクセス

受付時間:月~金10時~13時/15時~21時、土10時~13時/14時~17時、日祝休診
表記時間内に施術が終了するようにご案内いたしますので、コースにより最終受付時間が異なります。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5802-5515

受付時間とアクセス

受付時間:月~金10時~13時/15時~21時、土10時~13時/14時~17時、日祝休診
表記時間内に施術が終了するようにご案内いたしますので、コースにより最終受付時間が異なります。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5802-5515

こんな悩みをお持ちの方が、当院の施術で元気になられています

首の症状。寝違え、首が回らない、など。 肩の症状。五十肩、肩こり、腱板損傷 腰、背中の症状。腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛
股関節、臀部の症状。変形性股関節症、歩くと痛い 膝の症状。階段の昇り降りが痛い、水がたまる 頭痛。片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、他
ひじの症状。肘が抜けた(肘内症)、テニス肘、ゴルフ肘 指、手首の症状。突き指、バネ指、腱鞘炎 足首の症状。捻挫、古傷、ゆがみ
足、足指の症状。骨折後のリハビリ、突き指、外反母趾 骨盤と全身のゆがみ(産前産後も) 原因不明のしびれ、交通事故によるしびれ、他
交通事故によるムチ打ち、しびれ、他 スポーツ障害、ケガの早期回復、パフォーマンス向上 はり灸。筋肉、関節の痛みや頭痛に
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 鍼灸整骨院ホスピスト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.