東京都文京区のはり灸や整体なら、本郷三丁目駅1分の鍼灸整骨院ホスピスト

当院のこだわり

  • HOME »
  • 当院のこだわり

当院のこだわり

当院の特徴

当院は、

  1. どこにいっても治らない、首、肩、腰、ヒザなどの慢性的な痛みでお悩みの方
  2. スポーツでケガをしたり、ぎっくり腰や寝違えなどの急性痛でお困りの方
  3. お仕事や勉強に影響を出す、つらい頭痛でお悩みの方

を改善・完治させることに全力を注いでいる治療院です。

整形外科、頭痛外来、他の治療院、整体やマッサージで効果を感じられず
痛みを抱えている方が頼れる、最後の砦でありたいと考えています。

当院の使命

  • どこに行っても治らなかった慢性痛を改善・完治すること
  • 真剣にスポーツに取り組む人を、怪我や故障から早期回復させ最高の状態で競技に臨むサポートをすること
  • 頭痛を改善し、日常生活を不安と悩みから解放すること
  • 上記を通じ、社会に貢献すること

当院の8つの治療理念

  • 症状だけでなく人を診ること
  • 症状があることで発生しているお困りごとを早期に解決するため、あらゆる努力をすること
  • 当院にお越しいただいた目的を把握し、それにお応えする努力をすること
  • 優れた施術成果を発揮するために、問診・鑑別診断・治療方針をきちんと説明し理解を得てから施術にあたること
  • 疑問、不安にきちんと向き合い回答すること
  • 受付、電話応対・院内環境など、施術以外でも気持ちよくお過ごしいただく配慮をすること
  • 人間力向上に向け、専門分野をはじめ自己研鑚を怠らないこと
  • いらした方が、身も心も軽くなり「笑顔」でお帰りいただく為に全力を注ぐこと

『安心』へのこだわり

施術スタッフは全員 国家資格保有者(柔道整復師)です。
人体の筋肉・関節・骨格に関する確かな知識をもって
症状の原因解明と施術にあたらせていただきます。※万が一の施術事故や院内での事故に対応して、賠償責任保険に加入しております。※施術事故時の保険未加入による訴訟問題も多発していますので十分お気を付け下さい。

『治療のクオリティ』へのこだわり

本格的な整体術(もみ療法)

当院では手による揉み療法を中心に整体施術しております。医療において最新のテクノロジー、機械化、IT化、データ化がすすむ中、まるで逆行するかのように、手による施術を真摯に守り続けております。それは不効率で、施術者の促成栽培は許されず、施術整体技術の経験と訓練が求められます。もちろん体力も要します。まるで宮大工のようです。

しつこい慢性痛を改善する

 

⇒原因不明とされている慢性痛の方がなぜ当院で改善する人が78%以上なのか理由があります。

それは、一言で言えば「見立て」(原因精査項目)によるのです。その多岐にわたる着眼点による見立てが、結果を産みだしています。

どんなものがあるか?

肩関節の可動域を確認します

 

  • レントゲン・CT・MRI→整形外科へ
  • 筋肉をチェック(圧痛、運動時の痛み、硬さ、伸縮能力、痛くない側との比較、筋力、委縮していないか、切れていないか?)
  • 筋膜をチェック(痛みの軽減ポイントはどこか?痛みをだしている筋膜、どこ辺の筋膜が原因で出現した筋膜痛か?
  • 関節可動域をチェック(正常可動しているか?痛みを伴うか?変形による異常はないか?動きを制限している原因はなにか?)
  • 姿勢チェック(立位姿勢、座位姿勢、寝た状態での姿勢)16項目の当院独自テスト
  • 歩行チェック(正常歩行のチェックと指導)
  • 圧痛チェック(押すと痛みを伴うか?)
  • 熱感チェック(異常熱い箇所、冷たい箇所はないか?)
  • 腫脹チェック(腫れているか)
  • 浮腫チェック(むくんでないか)
  • 異常音チェック(通常はない、異常な音が無いか?どこからの音か?その意味はなにか?)
  • 過去の負傷経験チェック(過去の負傷歴が影響していないか?)
  • 過去の治療経験チェック(過去に良かった経験、悪化させた経験はないか?避けたい治療はないか?)
  • 経過チェック(発症から現在までの症状の推移)
  • 薬の服用チェック(副作用の確認)
  • 飲食物のチェック(質と量 控えた方が良い食べ物。積極的に摂取してほしい食べ物の確認)
  • 持病チェック(持病による影響とその中でも改善できることはないか?)
  • 家族歴チェック(家族歴と習慣を突き止め、変化できることはなにか?)
  • 運動チェック(運動不足による、症状であれば、症状改善の為の最低限するべき運動は何かを指導)
  • 体操、ストレッチチェック(同上)。
  • 癖のチェック(現症状に影響をだしていると考えられる癖はないか?バックの持ち手、足を組む。)
  • 脈のチェック(東洋医学的視点)
  • 目の色、舌の色もチェック(東洋医学的視点)
  • 血圧チェック

などなど、これらのチェックから導き出された、異常箇所への施術と生活改善指導、自己努力の実践にてしつこい慢性痛に対する高い効果を発揮しています。

例えば、画像診断はあくまで、静止中に映し出されたものであり、それによる診断結果にすぎませんが、もし診断名がついたのであれば、本当の治療すべきは、その状態になぜなったのか?その原因を見つけ、それを改善しなければ、また再発します。

 

急性痛を早期に回復させる

急性期の痛みや怪我は負傷直後の適切な処置が重要です。

ひざのテーピング

(冷やすor 温める)固定の有無・入浴の可否、温湿布or冷湿布 レントゲン診断の必要性・筋肉・腱・靭帯の断裂or部分断裂の有無。骨折、ひびの有無、内臓損傷の有無・脳への影響・内部出血の有無・皮膚損傷と感染の危険性、適切な診療科への紹介

等が適切に行われることが重要です。これらがきちんと鑑別診断、説明、処置できることが早期回復、早期復帰へ重要な要素です。

上記のことはもちろん

私たちは、日頃トップアスリート達への急性痛処置、整体施術・トレーナー活動の経験を活かしたスポーツ障害における急性痛への対応能力を発揮しています。軽度~重度の方まで、一般的には安静期間であっても、患部以外へのアプローチで早期改善に向け施術できることは沢山あります。現在もキックボクシングジムの専属治療院であり、多種にわたる現役アスリートたちがご来院されています。その経験をフルに活かし、的確な適切な対処と治療方針などを、解剖図を使ってご説明。早期に競技復帰、リハビリ、社会復帰、完治へと導きます。トレーナー活動

足首のテーピング 応急処置

ネンザは、適切な処置で早く改善し、繰り返しにくくなります

 

手仕事による施術にこだわる

 

筋肉、筋膜・関節の慢性化した症状に対し、現代医療は成果を発揮しにくいと考えるからです。最新のMRI、CT・レントゲンで原因が分からない場合、現代医療に打ち手はありません。(とりあえず、湿布と痛みどめで様子をみます)しかし手による施術はそれら最新機器では知ることができない、筋肉・筋膜の硬さ、柔軟性、温度、左右の緊張の差異、どんな動きによってどんな症状がでるのか?または症状が軽減するのか?その時に何が関与しているか?などなど、こういった情報は最新機器でも到底把握できず、施術者の五感をフルに活用してはじめてその原因を突き止め成果へと導きます。原因が分かる、もしくは想定がつくからこそ、原因に対して施術・整体を行い結果を出すことが可能になるのです。ですから私たちは、手仕事にこだわるのです。
昨今希少になりつつある、手をかけ時間をかけて
お困りの症状にしっかりと向き合う質の高い施術を大切にしております。

手もみによる筋肉施術へのこだわり

⇒浅い筋肉・深い筋肉・痛みをもつ筋肉に関連する筋肉。それぞれに、解剖学的に深さ・長さ・位置・最適刺激量(強弱と時間)刺激方向・順位・施術者の姿勢・患者姿勢などを最適化し、手や肘をつかって全身を揉みあげていきます。指圧・マッサージ・リラクゼーションとは異なる感じを体感できます。

手もみによる筋膜施術へのこだわり

⇒当院では、痛みやしびれに対してアプローチしていく際、痛みを出している場所を治療していく方法と痛みを出しているところから離れたところを治療していく方法があります。筋膜治療とは、痛みが出ている箇所に直接アプローチするのではなく、浅い筋膜・深い筋膜・全身のつながりを考慮し、伸びの悪くなった全身タイツを着こんでいる状態を緩める施術技法です。間接的にアプローチしていく治療です。筋膜は筋肉や骨、内臓、神経、血管の周りを覆うようについています。筋膜は何種類もありますが、1つ1つが繋がっており、全身に張り巡らされて全身タイツを着ている様な状態になります。全身に張り巡らされているため、一部に捻れが生じると他の部分も捻れが生じます。それにより、筋膜に覆われている筋肉や骨、内臓、神経、血管が圧迫され痛みやしびれを引き起こす原因となります。この様に痛みがある部位とは別のところに痛みを引き起こす原因が存在する場合があります。その原因を治療しない限り症状が治癒するまで長期にわたる場合や、例え患部を治療し完治したように感じても再発する恐れがあります。直接触れられない患部や急性期の早期回復の為にも、遠隔操作ができ思いがけない施術効果を発揮して驚かれる方も多くいらっしゃいます。

手もみによる骨格の歪み調整へのこだわり

⇒16項目の当院オリジナル全身骨格チェックにて導かれた、骨格の歪みを作り出している異常収縮した筋肉、筋膜の揉み施術整体による正常化を図ることで骨格が元の状態に戻れるように修正することを意図して行います。ボキボキとする矯正は行いません。

鍼灸治療へのこだわり

⇒ツボを中心とした、経絡的治療・刺さない鍼、やけどしない灸・症状のある筋肉への直接の鍼灸・ズシーンと効かせる刺激的な鍼治療など、症状や患者様のご希望に応じて最適に施術対応することを心掛けております。また女性への配慮として、カーテン個室で最低限の露出にとどめながら施術にあたるように細心の注意をはらっています。また過去に、鍼灸治療された方で施術効果を感じられなかった方へは、詳細をお聴きしながら手法を変えた施術アプローチにて成果をあげるよう努めます。

光線療法へのこだわり

⇒有効紫外線・赤外線・遠赤外線・可視光線の照射で体温上昇・エネルギー産生上昇・免疫力向上にて身体の本来もつ能力を取り戻し、症状改善を図る100年近い歴史のある治療法です。施術者がつきっきりになる光線療法に比べ、低周波などの放置できる医療器械は運営上とても便利なのですが、やはりより成果を考えると手間ひまをかけることを大事にコーケントーによる光線両方を採用しております。芸能界や多くの日本のトップアスリートにも人気の治療法です。

日常生活指導へのこだわり

症状の根本改善と再発予防に向けた日常の歩行、立位、座位姿勢のチェックと改善ポイントの指導・食習慣・運動習慣の提案を行っています。

施術環境について

  • はり灸、光線治療などでお肌を出していただく必要がある場合にも、女性の患者様においては露出が必要最小限になるよう心がけておりますので、ご安心ください。
  • 痛みに対する感受性は十人十色です。施術による痛みが強すぎないよう、患者様に確認しながら整体やはり灸を行います。施術中に痛い場合、ご不安な場合などは、がまんせずにご遠慮なくスタッフにお知らせください。
  • お体にかけるタオルは大判サイズ(100cm×200cm)のものを使い、お体をすっぽり包みます。
  • はり灸や整体の際に、うつ伏せがつらい方には横向きで施術をするなど、無理な姿勢や痛い姿勢を回避しながら安心して治療を受けていただけるようにしております。何かあればご遠慮なくおっしゃってください。
  • ご予約制ですが大幅にお待たせしそうな場合は、できるだけ事前にお電話でご連絡を差し上げております。皆様の貴重なお時間が無駄にならないように意識しております。

『院内環境』へのこだわり

私たちは、清潔であることはもちろん、いごこち良く、健康にも配慮した空間づくりのために次のことを大切にしています。

  • 安全と心地よさのために、天然素材(天然木の家具、しっくいの塗り壁)を取り入れたインテリア
  • マイナスイオン発生器、空気清浄器による、キレイな空気
  • 高さを変えられる電動ベッド(ぎっくり腰の方や、ご高齢の方にも安心)
  • 長袖、半袖、長ズボン、ハーフパンツ等の清潔なお着替えをご用意してます。
  • 安心してお着替えいただける、床までの長いカーテンによるカーテン個室
  • リラックスできる暖色系の明かりを全てに採用
  • 心地よいBGM
  • 雨で濡れていらした時は、バックや、お洋服を拭くハンドタオルご用意してます。
  • 携帯電話やPCなど、施術中に充電OK

電話番号03-5802-5515予約電話受付

受付時間とアクセス

受付時間:月~金10時~13時/15時~21時、土10時~13時/14時~17時、日祝休診
表記時間内に施術が終了するようにご案内いたしますので、コースにより最終受付時間が異なります。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5802-5515

こんな悩みをお持ちの方が、当院の施術で元気になられています

首の症状。寝違え、首が回らない、など。 肩の症状。五十肩、肩こり、腱板損傷 腰、背中の症状。腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛
股関節、臀部の症状。変形性股関節症、歩くと痛い 膝の症状。階段の昇り降りが痛い、水がたまる 頭痛。片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、他
ひじの症状。肘が抜けた(肘内症)、テニス肘、ゴルフ肘 指、手首の症状。突き指、バネ指、腱鞘炎 足首の症状。捻挫、古傷、ゆがみ
足、足指の症状。骨折後のリハビリ、突き指、外反母趾 骨盤と全身のゆがみ(産前産後も) 原因不明のしびれ、交通事故によるしびれ、他
交通事故によるムチ打ち、しびれ、他 スポーツ障害、ケガの早期回復、パフォーマンス向上 はり灸。筋肉、関節の痛みや頭痛に
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 鍼灸整骨院ホスピスト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.