東京都文京区のはり灸や整体なら、本郷三丁目駅1分の鍼灸整骨院ホスピスト

示談する前に、必ず治しておくべき3つの異常とは?

目に見えるキズや、骨折がない場合でも、交通事故後、
体の内側では次の3つの異変が起きています。

  • 筋肉・関節がダメージを受け、『首、腰などに痛みが発生』
  • 関節の動きが制限され、『普段どおりに動けない』
  • 交通事故の後、痛みをかばって生活することで、『骨格が歪む』
  • 整形外科で『骨に異常なし』と言われても、
    首や腰の痛みに悩まされる方が少なくありません。

    これは、レントゲンには写らない、筋肉や関節へのダメージが原因です。
    いわゆるムチ打ち症(頸椎捻挫、頚部捻挫)などがこれに当たります。

    また、『首が痛くて後ろを振り向けない』

    『ハンドルを握っていた、右の肘が完全に伸ばせない』など、

    関節の動きも制限されるので、普段どおりの動きができず、日常生活に影響が出てしまいます。

    こうした交通事故特有の筋肉や関節の症状は、
    しっぷや痛み止めだけの処置では、なかなか改善しません。
    放っておくと、しつこい痛みが残り、
    頭痛が出やすくなったり、天気が悪いと首や肩が痛む、
    といった後遺症に悩まされる体になってしまうこともあります。

    当院のスタッフは、このような筋肉や関節の症状を改善するための専門家です。

    病院で『痛み止めを飲んで様子をみましょう』と言われたけれど、
    痛みが取れなくて困っている…という方は
    少しでも早く、当院にお越しいただくことをおすすめいたします。

    また、骨折や脱臼の応急処置とリハビリも行っています。
    整形外科との併用や、転院も可能ですのでお気軽にお電話ください。

    ご予約TEL:03-5802-5515

    また、事故後、数週間~数か月と痛みをかばって生活していると
    体の重心バランスが狂い、骨格に歪みが生じます。
    当院では、骨盤矯正の技術を活かして、崩れた骨格を元通り修正しますので、事故前と同じ、元気なお体を取り戻していただくことができます。

    【完全予約制】~当日のご予約も承ります TEL 03-5802-5515 【月~金】10時~13時/15時~21時 【土】10時~13時/14時~17時

    • Facebook
    • Hatena
    • twitter
    • Google+
    PAGETOP
    Copyright © 鍼灸整骨院ホスピスト All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.